Home>製品案内>土木資材>木柵工

柵工 (木柵工・丸太柵工)

丸太柵工の目的

堆積土砂や膨軟な地山等に簡易な土留工として、土砂の流出等の発生を防止するとともに、柵の背面に植生の良好な生育環境を造成するために施工されます。

丸太柵工に耐久性を求めるなら

ある程度の耐用年数を求めて施工する場合には、CuAz等の防腐・防蟻薬剤処理を施します。耐用年数は、およそ7~10年になります。

丸太柵工の施工手順(標準図)

柵工標準図

積算資料(10.0m当り)施工歩掛

名 称形状・寸法  単位数 量摘  要
杭木 1500×80~100φ13.0杭間隔0.75m
背丸太4000×40~80φ12.5 
萱株茎長30㎝ 打違い1m縄〆1.5 
なまし鉄線#103.0 
普通作業員 0.95組立,緊結,仕上,杭打

丸太柵工 木柵工 柵工 施工例

丸太 柵
▲宮崎県東臼杵農林振興局 丸太柵工(部材10Mあたり):杉背丸太4000×80φ=12.5本 杉丸太杭1500×80φ=13本,丸太柵工 木柵工
丸太柵工 木柵工

丸太柵工 木柵工

丸太柵工 木柵工

丸太柵工 木柵工

a:1483 t:1 y:2